×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

香典のマナー香典返しのマナー謝礼・心づけのマナー香典袋の種類・選び方その他マナー

香典袋の種類・選び方

香典袋の種類は、用途と金額によって分けられます。おおよその目安として、以下の写真をご参考にしてください。なお、市販の香典袋には、多くの場合パッケージなどに目安の金額が書かれていますので、そちらもご参考にされると良いでしょう。

お通夜・お葬式に使う香典袋

3千円~1万円程度

~1万円程度

1万円~5万円程度

5万円以上

 

法事に使う香典袋

法事の場合は、元来現金ではなく供物を持参していました。しかし、最近では法事を行う側で用意している場合が多いため、供物の代わりに現金を渡す場合が多くなっています。

法事の香典袋には、一周忌までなら黒白の水引きを使いますが、三回忌以降には祖先祭りになるので黒白の水引きを使う必要はありません。以下のような黄白のものが市販されており、一般的に用いられています。

3千円~1万円程度

~1万円程度

 

心づけに使う香典袋

心づけには、以下のような小型の封筒や白封筒を使います。

←トップページへ↑ページの先頭へ


Copyright (c) 2006 香典大百科 All Right Reserved.
http://koden.gozaru.jp / E-mail:koden@otegami.com